高規格キャンプ場ってなんだ?

色々なキャンプ場

最近よく耳にする高規格キャンプ場と呼ばれるキャンプ場。普通のキャンプ場とどう違うの?と思っているキャンパーも多いはず。屋外にテントを張って過ごすのに、何がそんなに異なるんだろう?

ということで高規格キャンプ場についてまとめてみた。

高規格キャンプ場とは

高規格キャンプ場とは、一般的に風呂や水洗トイレ、宿泊施設などの設備・施設が充実していて、手入れが行き届いて清潔感があり、きちんと整備されたキャンプ場のことみたいだね。

もちろんきちんとした定義ではなく、設備充実&きれいなため初心者でも安心して過ごすことができるらしいね。キャンプ初心者やキャンプ未体験者がキャンプを知るためにはうってつけのキャンプ場かもしれない。

キャンプ場によってその設備や施設の充実度やサービスの内容は異なるようだけど、基本的にはアレコレすでに用意されていて宿泊者はなにも用意せずとも、キャンプが楽しめる夢のような場所だ。

何が高規格?

まずあげられるのが初心者や初めてのキャンパーたちにも優しい、充実の施設や設備が揃っていることだろうな。

美しく管理されたコテージやロッジが立ち並び、食事はウッドデッキで調理という、土や汚れといった通常キャンプにつきものと思われているものを感じさせない。それでいて自然の美しさや澄んだ空気といったキャンプならではの醍醐味も味わうことができる。キャンプ場によっては食材や食事すら用意されているところもあるようで、気軽にアウトドア気分が味わえそう。

中には地元の野菜を多く取り揃えた売店があったり、子どもたちが大喜びしそうな整備が行き届いたプールやアスレチック等の遊具、大人も楽しめる川遊びや各種アクティビティーも用意されていて、誰もが楽しく思い出に残るキャンプを体験できるんだろうなぁ。

美しく芝が広がるサイト、ウォシュレットがついた水洗トイレ、ピカピカに磨きあげられた炊事場にシャワー施設等屋外で楽しむキャンプ場の施設とは思えない、整備され充実した施設こそが高規格と呼ばれる所以なんだろうな。

そしてその最たるものがグランピングだろうね。

グランピング

近年よく聞くようになってきたグランピングは高規格キャンプ場の代表格のような存在だね。グラマラス(glamorous)なキャンピング(camping)をかけ合わせた造語で、至れり尽くせりな、超贅沢なキャンプのこと。欧米で始まったグランピングは現地では定着しつつあるらしく、最近は日本国内でも楽しめる場所が増えてきているみたい。

テントの設営も食事の準備もすることもない宿泊者(もはやキャンパーではないね)は、大自然の中で提供されるおいしく豪勢な食事を楽しみ、薄い布一枚隔てたテントの中、静まり返った屋外の夜を豪華な寝具で過ごすゼイタクたるや!(笑

それぞれの高規格

高規格キャンプ場と一般的に呼ばれる場所についてあげてみたけれど、果たして僕自身にとっての高規格キャンプ場ってどんなところだろう?と考えてみた。

サイトに関していえば、芝の緑が広がっているということないが、まぁ土でも全然かまわない。まぁ全てが土ぼこりを被って汚れてしまうけど、特段問題なし。電源付きは魅力的なんだろうけど、これまで使ったことがないので、なくても全然大丈夫。もしよりプライベートを重視したレイアウトだったり、林間のサイトがあれば、僕的には高規格!

炊事場やトイレはそれなりの整備がなされていればそれ以上を求めることはないし、物販もさして必要ないし遊ぶための施設も望まない。

じゃぁ何が高規格の定義か?それは温泉だ。

お湯につかってはサイトに戻ってきてチェアに座ってぼけー、夕食後に焚き火を楽しんで温泉につかってはぼけー。これだ。これこそ高規格だ!(笑

最後に

結局のところ高規格といっても、キャンパーの求めるものや指向によって大きく変わってくるし。とはいえ様々なキャンプスタイルに対応した様々なキャンプ場があるというのは、すばらしいことだね。

そして僕の中で究極の高規格はこれかも(笑
トイレは10分歩かないといけないらしいが、食事は持ってきてくれるらしい…

出典:dailymail アルプスの山々を眼前に最高の睡眠を(笑