レビュー:ワークマン STRETCH マイクロウォームパンツは秋冬キャンプにぴったり!

さすがワークマン(笑

ここ最近アツいワークマン、以前に購入した焚き火に最適な綿かぶりヤッケ、防寒ブーツのラークスはキャンプの時だけではなく、普段でもすごくお世話になっている高いコストパフォーマンスを誇る商品を次々とリリースしている。

先日買ったマイクロウォームパンツも買おうと思いながらも、暖冬のせいかなかなか動き出さず、寒くなってきたと思ったら売り切れもちらほら出てきている超人気商品。

年齢を重ねて足の寒さをより感じるようになった昨今、このパンツはマジで救世主のよう(笑

もちろんキャンプに最適!

この時期になると、確実に身体を温めてくれるものを求めてしまうけれど、こいつはもう完璧!マジであったかいよ!

価格は税込で2,900円と防寒パンツとしては信じられない価格!

そしてサイズ展開も豊富でウエストは75cmから96cmまでカバー!当然、大きなお友達だって細身だっていける!なのに股下は全て79cmで統一という、基本日本人体型にやさしい仕様(笑

サイズSMLLL3L4L
ウエスト75cm78cm
82cm86cm91cm96cm
股下

79cm

もちろん焚き火に適してる!

このパンツ、ワークマンという働く漢たち向けの衣料品だけあって、非常に動きやすい。なんと120%のストレッチを実現している。にも関わらず綿98%にポリウレタン2%(色によっては異なる)で構成されている。これって焚き火に強いとされているポリコットンの幕やタープに比べても、綿の含有率が圧倒的に多い。

となると絶対的に焚き火に適していると言わざるを得ない!特に焚き火台を使用しての焚き火だと、膝下が寒く感じることが多いけど、このパンツはその寒さも緩和してくれることが期待できるね!

では見てみましょうかね

全体

ワークマンのパンツのラインアップのなかでは細身のFIT STYLEと呼ばれるシルエットのよう。

ポケット

なんとポケットは8カ所も!
前の右側に2カ所、左側に2カ所。後ろには左右に1カ所ずつ。更に左右の股に1カ所ずつ。

前のメインポケットの内側にあるポケット。通常は小さいものが多いけれど、なんとiPhone7がスッポリ入る程大きく深い。

キャンプやってると何かと小さなものがアレコレあるので、ポケットに収納できるのはうれしいね。

サイズ感

普段履いているLee等のジーパンは29インチのウエストサイズを愛用している僕が今回購入したのはMサイズ。それでもウエストから股まで余裕がある感じ。ひょっとしたらSでもややタイト目で履けたかもしれないが、今回は試着しなかった。

ちなみにポケットの内張も分厚い保温性に優れたマイクロフリースを使用しているので、前ポケット周りはややモコモコする感じ。

内側

生地が分厚いのは、裏地はマイクロフリースになっているから。もうね、これマジで温かいよ!

右半分がマイクロフリース。左はポケットの裏地だけど、これも暖かい!

これまでユニクロのヒートテックジーンズも試したことがあったけど、個人的には暖かさではワークマンの勝ちかなぁ。

さすが働く漢たちがこぞって買うだけのことありますね(笑

膝部分

ワークマンでは3Dムービングカットと呼んでいる立体裁断が膝部分に採用されており、ストレッチ素材と相まって動きやすいこと。キャンプの時、準備や後片付けの際は立ったりしゃがんだりも多いので、これは助かりますね。

Dリング

これは便利ですよ〜!これに大きめのカラビナをつけておけばペグ打ち用のハンマーを掛けておくことができるので、ペグ打ち時がはかどること間違いなし!

持っているカラビナがやや小さく、スノーピークのペグハンマーの柄がはまらなかったので、しょうがなく通常の金槌で。

最後に

さすがはワークマン製、防寒パンツとして十分の機能を有しているにもかかわらず、2,900円という破格値!

それのみならずストレッチ製や立体裁断を採用していたり、キャンパーにうれしいDリングがついていたりと、まるで秋冬キャンプのためにあるよう!

これ一枚あれば寒い時期でもかなり快適に過ごせそう!