物欲:キャンプギアで一番欲しいものと言ったらそりゃ薪ストーブだ

ただただ憧れる

出典:DOD

キャンプってやりたいこと・やってみたいことがたくさんある中で、その一番はやはり焚き火かなぁ。眼前に広がる炎をぼーっと眺めながら火を育てる。家族や友人との会話を楽しむのもよし。薪が燃える音をただひたすら楽しむのもよし。

このキャンプの一大イベントである焚き火、確かに暖かいけれどさすがに冬場は背中が寒い。風が強いと様々な面で厳しくなる。

そこで幕内でも楽しめる薪ストーブとなるわけだ。(テントメイカーによっては幕内での薪ストーブの使用は推奨していない場合があります。自己責任のもと、くれぐれも注意して使用ください。)

炎を眺めたい

通常薪ストーブといえば暖をとるためのものというのが一般的な使い方だと思う。それはまちがいないところだ。しかし基本的に炎を眺めたいという欲望があるので、極力大きな耐熱ガラス越しに炎を確認できるものに食指が動く。

VICTORY CAMP(ビクトリーキャンプ)ストーブ DD Big

出典:Oregonian Outfitters

出典:Oregonian Outfitters

他社の薪ストーブとは一線を画す独自のデザインが目を引くビクトリーキャンプのストーブ DD Big。

そのいかにも海外メイカーと思わせる大自然の風景をあしらったデザインは少々やりすぎ感もあるけれど、幅59cmの大部分を耐熱ガラスが覆っており見事に炎が踊っている様が見ることができる。

一風変わったものが好きなキャンパーにはうってつけ?

収納サイズW590xH250xD290mm
本体サイズW590xH440xD290mm
重量12kg
煙突差込口径75Φ
備考・ペレット燃焼可能(オプション)
・煙突(別売)

笑’sフォールディング薪ストーブ 焚き火の箱G-neo

出典:笑’s

日本のガレージブランドの雄である笑’sの蝶番レス溶接レスの組み立て式薪ストーブ。

その美しくも洗練されたステンレス製のボディにはめ込まれた大きなガラスからは、美しい炎が拝めるに違いない。

出典:笑’s

笑’sの最大の特徴である見事な折りたたみ機構はこの商品でも健在で、もちろん蝶番レス溶接レス。そして軽い。

収納サイズW400xH70xD230mm
本体サイズW490xH380xD235mm
重量5.3kg
材料・0.8mm厚ステンレス板・ステンレスリベット
・ロストルステンレス断熱材
・耐熱ガラス(日本製)
備考・バッファープレート(別売)
・煙突(別売)

新保製作所 ロマンチカル薪ストーブ

出典:超ショートなblog(仮)

毎年販売されるもすぐに売り切れてしまうロマンチカル薪ストーブは、何と言っても43ccmもの幅がある大きな耐熱ガラスが最大の特徴。それだけに本体はかなりの大きさで、キャンプのみならず自宅での使用にも適したものだ。

出典:新保製作所

オプションでピザオーブンが付いてくるのがなんともワクワクさせる。このデロンギ製のピザストーンの上にピザを載せれば5分~10分で焼けるとのこと。

また大きな耐熱ガラスがはめ込まれた扉をあけてダッチオーブンを直接入れての料理も可能!

本体サイズW650xH390xD380mm
重量14.8kg
材質0.8mm厚ボンデ鋼板
塗装耐熱塗装仕上げ 黒色
煙突径106mm
備考・煙突(別売)
・脚長さん(別売)
・ピザオーブン(別売)

新保製作所 ミニ薪ストーブ3面窓付 チョッパー

こちらも同じく新保製作所の商品で、上のロマンチカルに比べるとグッと小さくよりキャンプ向き。さほど大きくないとはいえ幅19cm高さ10cmの耐熱ガラスから覗く炎は、幕内を優しく温めてくれることだろうね。

出典:新保製作所

燃焼室の奥行きが39.5cmとさほど大きなものではないので、長さが40cmを超える大きな薪は使用できないものの、幕内で使用するには十分な大きさと思う。

確かに耐熱ガラスの大きさはさほどではないけれど、価格を考えると十分すぎるんじゃないかな。

本体サイズW450xH455xD351mm
重量9.5kg
材質0.8mm厚ボンデ鋼板
塗装耐熱塗装仕上げ 黒色
煙突径106mm
備考・煙突(別売)
・脚長さん(別売)

Mt. SUMI ワイド薪ストーブ

出典:楽天市場

ショッピングサイトで今回初めて見つけたこのストーブもガラス部分が大きくてなにやらよさそうな雰囲気。ガラスのサイズは記されていないけれど56cmある幅を考えると、少なくとも30cmの幅はありそう。

煙突を含んだセットなので、購入後すぐに使用できそう。さらにはオプションのペレットシステム装置を揃えれば、最長約10時間の燃焼が可能!

収納サイズW250xH385xD255mm
数字的に正しい?
本体サイズW561xH363xD345mm
重量19kg
セット内容・薪ストーブ本体
・煙突(325mm×8本継ぎ+90°エルボ×1)
・火かき棒
・フルーキット
材質・本体:鉄
・煙突、火かき棒、フルーキット:ステンレススチール
備考・ペレット燃焼可能(オプション)
・6か月の製品保証付

最後に

薪ストーブを使用すれば外気温が少々低くても暖かく過ごすことができるのは承知している。ただ大変なのは灯油ストーブのように朝までつけっぱなというわけにはいかず、大抵の場合では定期的に起きては薪をくべるということを行わないといけない。

幕の中で炎を愛でるためのトレードオフとはいえ、この部分を薪の種類やくべ方で工夫できるといいんだがなぁ。

とはいえ幕内で炎のそばで活動できることは、キャンプの最高の醍醐味と感じているので、いつの日か実現したいなぁ…(笑

ページ最上部の画像 出典:好奇心旺盛なアマツ人Blog